• 10/5(水)【JPHMAコングレス開催記念】QX-SCIO開発者ビルネルソン氏講義【再】
10/5(水)【JPHMAコングレス開催記念】QX-SCIO開発者ビルネルソン氏講義【再】

10/5(水)【JPHMAコングレス開催記念】QX-SCIO開発者ビルネルソン氏講義【再】

価格: ¥0(税別) ¥0 (税込)
消費税: ¥0



※豊受会員でない方はオンライン視聴システムの関係上お手数ですが
会員登録(↓登録無料)をしてから視聴をお申し込みください。



▶新規会員登録(無料)はこちら◀



【JPHMAコングレス 特別再配信】QX-SCIO開発者 ビル・ネルソン氏講義
2006年9月18日(月)に開催した講義の再配信。
内容は量子力学の説明から始まり、SCIO の事例に至るまで、幅広く奥深い内容であり、一見の価値があります。

ビル・ネルソン氏は、QX-SCIO の開発者であり、ホメオパスでもあります。ビル・ネルソン氏は、医学博士・数学者・生化学者・電子情報技術者等々、様々な顔を持ち18 歳のときにNASA( 米国航空宇宙局) のアポロプロジェクトに参加し、映画『アポロ13号』でおなじみの、故障したアポロ13 号が地球に帰還する際に、軌道修正を行うためのナビゲーションシステムの計算を正確にやってのけたという輝かしい功績を残しています。その後、優秀な科学者として将来を期待されながらも、軍事プロジェクトに参加することを拒み、心理学の分野に進み、ヤングスタン州立大学でカウンセリングのマスターを習得後、米国内の5 つの大学で医学・数学・心理学・量子力学・海洋学・国際法を習得し、現在はハンガリーに在住しています。

QX-SCIO は、由井学長もホメオパシーの健康相談の際に活用されているように、クライアントの潜在意識にアクセスし、クライアントが言葉にしない情報を読み取ることを可能とする強力なサポートツールです。物を言えない動物のクライアントを見る際にも、有効に活用できるツールです。また、QX-SCIOは、膨大な意識下の生命活動にアクセスするマシンであり、量子論的な考え方で捉えられる人体のシステムに対し、「三次元的エネルギー測定」と「三進法プログラミングによるサブスペース(意識の場)へのアクセス」という、ビル・ネルソン氏が初めて実現した世界最先端のマシンです。

※注意 ビル・ネルソン氏DVD 上映に関して、ケーステークの際に(SCIO は英語バージョンであることも含めて)SCIO の画面が見えにくい部分があることをご了解願います。

■配信日時

2022年10月5日(水)10:00~2022年10月8日(土)26:00

収録時間:前半:3時間12分54秒、後半:2時間50分14秒

■参加費

無料

■講師

QX-SCIO の開発者 ビル・ネルソン氏

※豊受会員でない方はオンライン視聴システムの関係上お手数ですが
会員登録(↓登録無料)をしてから視聴をお申し込みください。



▶新規会員登録(無料)はこちら◀



チケットお申込み前に必ずお読みください【 注意・ご案内 】

1.注意事項

・チケット購入後のキャンセル・返金は受け付けておりません。
・購入したチケットを他のチケットへ振替ることはできません。
・映像・録音の2次利用を希望される方は、CHhom事務局までご連絡ください。

2.視聴方法

CHhomオンラインショップ(マイページ)から視聴が可能です。
購入時のID/PWでログイン後、マイページをご確認ください。


3.推奨環境

・スマートフォン、タブレット:iOS 11.0以降(Google Chrome最新バージョン)/Android OS 5.0以降(Google Chrome最新バージョン)
・パソコン:Windows 10以上(Google Chrome最新バージョン)/ MacOS 10.9以上(Google Chrome最新バージョン)
また、端末やソフトウェアの故障や損傷がないこともご確認ください。推奨環境以外は一切のサポートを致しかねます。


4.通信環境

動画視聴には高速で安定したインターネット回線が必要です。
圏外や電波が弱い場所ではないか、パケット残容量はあるかを必ず事前にご確認ください。
お客様の通信状況により視聴できない場合でも、一切の責任を負いません。


5.安全対策

ログインID/PWは、お客様の責任において厳重に管理し、他人には絶対に教えないでください。


▼配信に関するお問い合わせ
E-mail: ec-chhom@homoeopathy.ac ※翌日以降の回答になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
なお、ライブ配信時などでお急ぎの場合は以下へお電話ください。
CHhom事務局 03-5797-3250(9:30-17:00 日月休み)



人数:  人  

ページトップに戻る